思春期からつづく赤ら顔のつらさ

思えば思春期の頃から赤ら顔で悩んでいるような気がします。中学生から高校生の頃は、にきびのことで悩み、とにかく顔ににきびがあることがストレスで、1つできたら潰し、また1つ新たにできたら潰すということを繰り返し行っていました。すると案の定、跡に残り、その跡は高校生になってからもしばらくは消えることはありませんでした。

しかし大学生になってそれはしばらく現れることなく、まわりからも今までにない「肌が綺麗だね」なんて言われるようになったのですが、また最近になって、年のせいもあるのか乾燥肌が原因で、貨幣状湿疹という病気になってしまいました。これはコイン状に顔から全身に発疹が出来てしまう症状のことで、まさに私も顔にも出来てしまったのです。

私くらいまでなってしまうと皮膚科に行かないと厳しいのですが、そこまで重くない人は専用の化粧水とかあるので一度試してみてもよいかもしれないです。

こちら

私も早く治るとよいのですけど。。。

今までこんな症状が出たことはなかったのですが、頬から目元、おでこを中心に湿疹がしばらく消えませんでした。皮膚科に行っても結局はステロイド剤の軟膏を処方されるだけで、表面のみの一時救済策でしかないので、またいつ何時、何倍返しかで症状が出てくるのか今からヒヤヒヤして恐ろしいです。顔にこうした症状が出るということは毎度鏡をみる度に、なんて自分は酷い顔をしているんだと悲しくなるので、体の内から改善していかねばと思っています。