空手についてのイメージ

空手”というと皆さんは’瓦割り’や’板割り’などを、想像しがちです。私も経験したことがないのでそうでした。ですが、ある時”空手”と少し関わることがありました。私は空手に対してなんの知識もありませんでした。そこで初めて知ったことは空手には’組手’と’形’があるということです。組手とは相手と1体1で戦うこと、形とは演武をすることです。また、”空手”とは別に’極真空手’というものが存在しますが、その極真空手はもともとは空手から生まれていているものですが、ルールは結構違います。”空手”は高校生までは面を付けたり防具を付けたり、決して相手に当てずに寸止めで、そしてちゃんとしたかたちで突きや蹴りをしないと得点にはなりません。→http://xn--fhqq70ca709h5sqp3dc75b.biz

一方、’極真空手’はそのまま突いても蹴っても大丈夫らしいです。

それを含めわたしは”空手”の方が好きです。

実際、空手の試合を見に行ったりして、とても素晴らしい日本のスポーツだなと感じました。バレーボールや野球、サッカーなどど違い試合が静かなことです。とても緊迫した中行われる試合はとても一言では言い表せないくらい衝撃でした。形は特に静かな中で行われ、道着が擦れる音と声のみが聞こえます。とても素晴らしいものです。そんな空手がわたしはとても好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です